家具の手入れ方法

家具の手入れ方法

ここではお気に入りの家具を長く、快適に使うための、材料・素材別のお手入れ方法を紹介します。

木材・ラタン

日常的な手入れは柔らかい布で乾拭きします。
汚れが目立つ場合は薄めた中性洗剤を含ませた布で拭いた後、固く絞った布で水拭きし、乾拭きで仕上げます。
無塗装仕上げのものはシミになるので水分は厳禁です。
塗装仕上げのものはアルコールで塗装が剥げることがあるので注意してください。 木材の種類についてはこちらで紹介しています。

天然皮革

日常的な手入れは柔らかいウール生地で乾拭きします。
汚れが目立つ場合は水性タイプの専用クリーナーを使用、カビ防止のため、湿気には注意が必要です。
カビが発生した場合は、よく拭き取ってから固く絞った布で水拭きし、乾拭きで仕上げます。
シンナー、ベンジン、靴クリーム、油性クリームは変色や損傷の原因となるので使用しないようにしてください。

合成皮革・ビニールレザー

日常的な手入れは固く絞った布で水拭きします。
手垢や油汚れは薄めた中性洗剤を含ませた布で拭いた後、固く絞った布で水拭きし、乾拭きで仕上げます。
塩素系の洗剤、つや出しクリーナー、シンナーなどは変色や変質の原因になるので注意が必要です。

金属

日常的な手入れは、柔らかい布を使って乾拭きします。
メッキ加工されているものは専用クリーナーを使うと良いです。
研磨剤は表面に傷が付くことがあるので、使用を控えてください。

プラスチック

日常的な手入れは水拭きします。
手垢や油汚れは薄めた中性洗剤を含ませた布で拭いた後、固く絞った布で水拭きし、乾拭きで仕上げます。
研磨剤は表面に傷が付くので使用しないでください。

ガラス・鏡

普段からこまめに乾拭きしておくと汚れが付きにくいです。
汚れが目立つ場合には専用クリーナーまたは中性洗剤を含ませた布で拭いた後、固く絞った布で水拭きし、乾拭きで仕上げます。

合成樹脂化粧板

日常的な手入れは柔らかい布で乾拭きします。
汚れが目立つ場合は薄めた中性洗剤を含ませた布で拭いた後、固く絞った布で水拭きし、乾拭きで仕上げます。
研磨剤は表面に傷が付くので使用しないでください。

布地

布地の種類によって手入れ方法が異なるので品質表示ラベルで確認してください。

大理石・花岡岩

日常的な手入れは固く絞った布で水拭き後乾拭きします。
油性のワックスを塗った後、乾拭きをするとシミになりにくいです。
酸性洗剤には弱いので注意が必要です。

ページ上部へ戻る