ブログ

収納家具選びはモノの選別から始めよう!

収納家具やインテリアにこだわっても、片付けられない環境で生活していると、お気に入りの家具も意味を成さなくなってしまいます。

収納能力の高い家具を購入したり、見せる収納、見せない収納などを考えるよりも、先に片付く生活環境を身につけることが大切なのです。

片付けようとするのではなく、家の中での動きに注目すれば何処に何を収納すれば、片付くのか見えてきます。

 

使っているものかいないものか、好きか嫌いかでモノを選別しよう!

モノが増えて仕舞うところがない、片付かないなどの悩みは、使わないものを仕舞い込んでいないかを確認することで、無駄が見せてきます。

今ある収納家具の引き出しや棚の上など、一度全部外に出して処分するかしないかの選別をしましょう。

① 「使っているもの」、「使っていないもの」を選別する
② 「使っていないもの」を好き嫌いで分ける・・・好きは残し、嫌いは使う予定がなければ処分して、使う予定があれば残します。
③ 「使っているもの」を好き嫌いで分ける・・・好きは残し、嫌いでも代用品がなければ残しますが、代用品があるものは処分します。

どちらかわからないものは、元の位置に戻すのではなく、どちらでもない「様子見箱」を用意してその中に入れます。

一定期間経過しても使わなかったり、必要ないと思った時には処分し、使う予定が出て来たら取りだして使うものの中に戻します。

使っていないのを大切に収納して引きだしを占領していることも有るので、全部だして選別することでモノの全容を見直す事が出来ます。

 

収納するモノのグループ分けと暮らしやすさ

ものを単品ごとに収納すると、何か動作を起こす時に必要なものをあちらこちらと探すことになります。

そこで、一緒に使うものは同じケースや引き出しなどにまとめて収納することで探しだす手間が省け、片付ける時にも一緒に仕舞えるので忘れたり無くしたりがなくなります。

例えば、荷物を送る時に必要になるビニールひもやガムテープ、はさみ、カッターナイフ、マジック、ボールペンなどを同じトレイに入れて収納していると、トレイごと出してしまう時にもトレイにすべて入れて収納すれば良いので、無くすことも手間もかかることがありません。

洗剤など消耗品の在庫補充も、残り一つになったら購入するなどのルールを決めることで、余分な在庫を持たず収納に困ることも無くなります。

必要以上に購入すると、必要な場所に収納できなくなり、離れた収納場所に片付けることになります。
すると、使用する順番を違えたり、他に仕舞ったことを忘れたりします。

必要なものを選別して、収納できなくなった時、収納家具を購入しますが、どのようなタイプの家具が便利で使いやすいか、しっかりと検証してからにしましょう。

物の選別と仕訳をしたことで、収納に余裕が出来たからまた要らない物まで取って置くのではなく、空いたスペースに雑貨や植物を飾って楽しんだりして、余裕のある暮しを心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る