ブログ

仕事場と生活空間が同居する部屋の作り方

最近は若い年代や主婦の起業が増えており、自宅を仕事場にしている方も多く見られます。

起業していなくてもフリーランスや副業として、自分の得意なことを仕事に結びつけている人が多くなっています。

その場合、生活する場の自宅で仕事をすることになる為、私的空間と仕事場が混在し憩いの場にまで仕事が入り込む事になってしまいます。

一人起業して自宅で情報処理の仕事をしている場合の部屋について、公私の区分けと気分を変えるための工夫などを考えてみましょう。

 

ロールスクリーンを利用して場所を区分しよう!

仕事場に求めるものは、狭い中でも効率良く機能的に動けること、無駄を省いて仕事に集中できる場を作ることにあります。

私的な生活の場は、心地良くゆったりと過ごせる癒しの場であって欲しいものです。

対照的な場を同じ生活空間で共有しなければならないので、何らかのメリハリをつけることが必要です。

2DK、2LDKなど仕事部屋として1部屋確保できる場合は、仕事専用の部屋を用意してドアを閉めれば問題なく、区分けして生活することが出来ます。

しかし、1LDKの場合ベッドルームを1部屋使えば、残りのリビングルームに仕事の場所を確保しなければなりません。

仕事に必要なパソコンやプリンターなどの周辺機器、電子機器に囲まれて、多くのコードやコンセントも必要になってきます。

多くの機器を置くラックや机も大きめになるので、リビングの一角を占領する仕事場は、くつろぎ空間から目隠しできる方が仕事に集中できて健康的に暮らせるでしょう。

仕事場のセッティングが出来たら、リビング側から見て統一感のある色目のロールスクリーンを天井に取りつけましょう。

スクリーンを全部下したところにソファーの背部分を配置し、ローテーブルや向かい側にキャビネットなど収納を用意します。

そこからのリビングダイニングが生活の場となります。

仕事場では、スクリーンを全部おろすと圧迫感がでるので、自分の仕事しやすい程度まで仕切りにして、空気の流れと閉塞感を無くし、
仕事へのスムーズな取り組みが出来るようにしましょう。

来客時などは、スクリーンを下すことで、煩雑になっている仕事場を隠すことが出来ます。

 

キャビネットとグリーンで緩やかな仕切りを作る

本や資料など仕事に関わる紙類も多く、収納するキャビネットが欲しい時に、双方から出し入れできるシェリフを置きましょう。

生活の場の収納と仕事の収納を区分けする為に、色違いのペーパーボックスや籠ボックスを利用して収納します。

ボックスの隙間には、明るい色の小物や雑貨などを飾り心地よい空間を演出しましょう。

シェリフよりも少し背の高い観葉植物の鉢を置くことで、柔らかな目隠し効果と癒しの効果が生まれます。

鉢植えは1つでは無く、大きさや種類の異なる植物をダイニングキッチンにも置くようにすれば、バランスの取れた心地よい生活空間になります。

関連記事

ページ上部へ戻る