ブログ

植物(グリーン)を主役に楽しむインテリア

キレイに片付けられた部屋も、ファッショナブルでハイセンスな部屋も、そこに住まう人にとっては心地良いものでしょう。

しかし、味気ない空間に「何か」魅力に欠けているのでは、活き活きとした空気感が足りないと感じることもあります。

それは、躍動感のある息づかいや元気さ、明るさを演出してくれる植物・グリーンが存在していないからではないでしょうか。

機能的で大好きなインテリアや家具に囲まれていても、そこに緑があることでより暮らしは楽しくなってくるのです。

 

暮しやインテリアに欠かせない植物

例えば、新しいマンションに引っ越しする、自宅を改装して機能的な家具を選ぼう、DIYにチャレンジして手作りの棚を増やそう、
そんな時はイラストを書いたり、インテリア雑誌などでイメージをふくらしますね。

出窓に雑貨とグリーンを置こうとか、棚からつる植物が伸びている風景を想像し、お風呂や洗面所には多肉植物を置こうなどと思いが膨らみます。

このように考えている時から、新しいインテリア選びは始まっているのです。

大きな鉢から天井まで伸びた観葉植物をリビングに置くだけで、ソファーとテーブルだけの部屋がランクアップした雰囲気になります。

小さくてかわいいカップやガラス容器に多肉植物(サボテン)を植えて、洗面所の小窓やカウンターに並べてみます。
それだけで、表情のことなるサボテンの可愛さが楽しくなってきます。

絵画やポスターを飾って楽しむ人は、その額縁の一つをグリーンの演出に利用してみるのもいいでしょう。

植物に土や水分は欠かせませんが、エアプランツは空気中の水分で生きている植物なので、壁面や天井からつるすことでお部屋の空間演出に最適です。

 

植物を活き活きと育てるポイント

せっかく買ってきた植物もすぐに元気がなくなってしまったら、悲しくなりますね。
誰にでも育てやすいものから、手間暇掛けないとうまく成長してくれない植物までいろいろあります。

植物の外見だけで選ぶのではなく、部屋のどこに置くか、気温や風通し、日照時間や日当たりの状態などを観察してから、
どのようなグリーンが自分の部屋に合っているのか、お店のスタッフに相談しながら購入することをおすすめします。

  • 植物は生きていて、成長と共に形や大きさが変わることを意識しましょう。
  • 植物の名前はメモして、育ってきた環境を考えて手入れしましょう。
  • 植物の元気が無いと感じたら、置き場所の環境が合っているか考えて移動してみましょう。
  • 水やり、肥料、防虫、土の状態など、植物も健康状態に気配りしましょう。

植物は手入れが面倒と思われるかもしれませんが、いつも触れていることで自然と気持ちが安らいできます。

植物は、暮しに必要なゆとりのインテリアだと考えることができます。

 

容器や鉢でグリーンを楽しもう!

植物は、テラコッタや焼き物の植木鉢に入れなければならないものでも、専用の容器でなければいけないこともありません。

人と違う自分スタイルでグリーンを楽しんではいかがでしょう。

  • 壁や天井、梁からぶら下げる・・・古くなった籠バッグや麻袋などを利用してつるします。
  • リビングのインパクトグリーン・・・陶器鉢は重いのでプラスティックにして、鉢カバーや木箱などで鉢を隠せば素敵なインテリアに変身します。ワインのコルクを使って土のカバーにするのもおしゃれです。
  • キッチン、洗面所、水回り・・・数が揃わなくなったマグカップやジャムの瓶、カラフルな空き缶などを利用して多肉植物でアクセントにしましょう。
  • カウンターやベランダの棚、ラックなど・・・原色のホーローのミルクパンや古くなったやかん、ブリキのジョウロなどに垂れさがるグリーンを演出するのも素敵な空間になります。

家具やお気にいりのインテリアが揃った後だけで無く、育てたい植物に出あった時、植物に合わせて他のインテリアを考えるのも、
住み心地のよいお部屋作りができるのではないでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る