ブログ

お気にいりの家具を中心に部屋を作る

新しい住まいを探す時、通常は物件の築年数や間取り、生活の利便性、家賃などを条件に探しますね。

そんな時に、欲しいと思っていた家具を見つけてしまいました。

その家具を使いたい思いだけで、新しい部屋探しをしても良いと思いませんか?

第一条件が家具を置ける部屋であること、その次に利便性や家賃などで絞って探して見つかったら、嬉しくてこれからの生活が楽しくなってきます。

 

重厚な食卓テーブルを一人暮らしに使う

一人では移動するのも大変な6人掛けのシックな木製のテーブルは、ワンフロアにはとても大きいのですが、対面キッチンのカウンター側にぴったりとくっつけて置けば、便利な使い方が出来る家具になります。

カウンターとテーブルとの高さの分だけ卓上に物を置いても煩雑になりません。

食卓テーブルであり仕事用の机になり、くつろぎの場所にもなります。

小さめのキャビネットをテーブルの下に納めることで、狭さを感じることなく使いやすい部屋をデザインすることができます。

キャビネットは、昔の果物箱や古い木箱などを利用して、縦長にし底にキャスターを取りつけます。

これをいくつか用意して、本や洋服の収納に、雑貨や小物、化粧品などの収納にはバスケットを利用して木箱に納めます。

食器やキッチン雑貨なども同じように収納して、キッチンカウンター側に置けばテーブルの下を有効に使用することが出来ます。

中身を隠したいときには、色のトーンを合わせた布をカーテンのように画鋲で留めます。

例えば、4つの木箱があるなら、ギンガムチェックの布を4色用意してそれぞれを目隠しします。

色で何が収納してあるかわかることと、重厚なテーブルに可愛さをプラス出来て、床面を有効に使うことができます。

来客の時は、キャスターで木箱を引きだし壁面に並べて、お花を飾ったり、小さな座布団を乗せてスツールとして使用します。

好きな家具は、とことん好きになる使い方をすれば、余計な家具はいりませんね。

 

ゆったりしたソファーは手放せない!

身体の沈み具合といい、生地の色といい、程よいアンティーク調が大好きなソファー。

3人掛けのソファーは、大人が全身を伸ばして横になれる広さと大きさを持っています。

このソファーがあれば他の家具はこだわらないと思ってしまいますが、何もないのでは暮らしにくくなります。

生活必需品の収納は欠かせないので、ある程度ルールを決めて片付けるコツを持たなければなりません。

積んで見せる収納(置いておく)ことで、保管する必要の無いものは処分するので、モノを増やさないようになります。

作りつけのクローゼットがあれば、ほとんどの必需品は治まるでしょう。

籠やバッグ、旅行用のトランクを収納に使用して、大きな家具は置かない生活も心地良いものです。

ソファー横には、折り畳み椅子にトレイを載せて、コーヒーテーブルにします。

反対側にはスタンドライトと観葉植物、ソファーの前面にはお気にいりのポスターを額に入れて掛けます。

お気に入りのソファーがあれば、自分に必要最低限のものがあれば良い。

そんな心地よい暮しを手にするのも素敵な生き方ですね。

関連記事

ページ上部へ戻る