ブログ

布地でお部屋のイメージを変えるテクニック

部屋に物がいっぱいになってきたり、季節が変わって家具の配置や模様替えをしたいと思っても、中々出来ない事ってありますよね。

一人で動かせない重たい家具や、サイズの関係で動かせない物などで、変わり映えしない部屋のまま過ごしていませんか?

そんな方にぜひ試して欲しいイメージチェンジのテクニック、お気に入りの布地やスカーフでアレンジしてみましょう。

 

ソファーカバーを変えて季節を楽しむ!

部屋のくつろぎ空間はソファーを中心に考えると、ゆったりと居心地の良い部屋になります。

ソファーには本革張り、生地張り、または木製にクッションを並べたものと各種ありますが、部屋に合わせてお気にいりを選んだつもりでも、毎日同じでは飽きてしまったりしても、簡単に買い替えなど出来ません。

そこで、ソファーの大きさに合わせて、お気に入りの布地を探しましょう。

冬には赤の入ったタータンチェック柄のウール地をソファーに掛けてみましょう。

厚地の布はあたたかいだけでは無く、季節感を出した模様や柄で部屋の雰囲気を変えてくれます。

クッションカバーも同種のものにしましょう。

そして、冬をイメージした織物やパッチワークなどのタペストリーを壁に掛けることで、部屋全体があたたかい過ごしやすさに変わります。

春になったら明るい色目のさわやかさを演出します。

パステルカラーのコットンや淡い花が全体に広がった柄などさわやかさで選びます。

夏はソファーでも汗をかいてしまいますね。

タオル地のカバーや麻生地、簡単に洗えるコットンで薄いブルーや生成りなど涼しさを感じるものを選びましょう。

テーブルやチェストの上にレース編みを敷いて、ガラスの器を飾るのも良いですね。

 

ブランドスカーフは素敵なインテリア

有名ブランドのスカーフは、身に着ければ高級感にウキウキした気分になりますが、ファッションを合わせるのに困ってしまうこともあります。

好きだけど使うことが出来ない、そんな眠っている高級ブランドスカーフをポスターのように額に入れてみてはいかがでしょう。

ハンカチならばはがきサイズに折りたたんで、スカーフは好きな大きさの額を用意して柄行を見て額に当てはめます。

壁面の白にスカーフの金銀やハンカチの鮮やかな花柄など、壁面インテリアにおしゃれな一品になります。

また、小さめのスカーフを対角線に折りたたんでクルクルと丸め、大きめのワイングラスに入れてスカーフの端をグラスの外に垂らします。

大ぶりのネックレスなども一緒に入れて外に金色を垂らすことで、食事会やパーティーの豪華な演出になります。

 

布地のチョイスで遊び心も

お友達が遊びに来る、家族で楽しい食事会、そんな時に相手に合わせて、ラグやソファーカバーの布地をエスニック調やアジアンテイスト、流行りのボタニカルなどに変えることで、遊びながら気分を高揚させることが出来ます。

部屋がキレイに片付いているだけで無く、少し目先を変えてみんなで楽しく過ごす時間の演出に、布地を取り入れてみてはいかがでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る