ブログ

毎日が楽しくなるキッチングッズの収納方法

料理好きな人にとって、キッチンは大切な舞台のようなものではないでしょうか。

家族や食す人の為に時間を掛けて仕込み調理する、その舞台の大道具・小道具がキッチングッズになります。

演者を支える裏方のキッチングッズは、時に表に出して見せ、普段は見えない部分で支えている、そんな舞台を彩るキッチンの様子を考えると楽しくなりますね。

料理するのは嫌々とやっていては、美味しいものが出来ず道具も泣きます。

楽しみながら料理すれば、美味しくて綺麗な食事になり、キッチングッズも表・裏で活躍してくれます。

楽しみながら料理できる、見た目も美しいキッチンの収納について紹介しましょう。

 

見せたいものはしっかり見せて、隠したいものはスッキリ仕舞う!

自慢のキッチン用品は、料理を楽しむ人にとって人に見せたいのが本心でしょう。

キレイに磨かれた銅のミルクパンやホーローの鮮やかな色、片手鍋の数々は重ねて収納することも出来ますが、見える収納が楽しく整理するコツになります。

食器棚と勝手口との間にS字フックを下げたつっぱり棒を用意します。

大きめのS字フックに色とりどりの片手鍋を、ランダムに下げるのがコツです。

小から大に順番に並べてもキレイですが、敢えて長さや大きさの違いを楽しむことでリズムが生まれます。

ガステーブル横にはネジでバーを止め、同じようにS字フックを使って調理小物をぶら下げます。

強力なマグネットを使って、金属製のナイフやハサミなどを壁面にくっつけ収納することも出来ます。

ガステーブルの面はリビングなどから見えないので、料理する自分が楽しめて便利な収納をすれば良いのです。

流し台収納には、大きな調理用具からストックする洗剤や掃除用品をしまい、引き出しは細かく区分して、カトラリーを仕分けして収納、ラップやアルミなどの小物入れ、一番下には重さのある調味料や常備品などの収納に使いましょう。

ガス台の下にある収納部分には、たまにしか使用しない調理家電や大きな器具を置いたり、鍋などを立てて収納しましょう。

キッチンは汚れやすく、小物が多く散乱しやすい場所です。

見せることでキレイに保つ事を意識でき、収納することで細々としたものをスッキリと仕舞うことが出来ます。

 

普段使いの食器はオープン収納に!

調理器具などと同じように食器も料理や場面によって使い分けるので増えてしまいます。

陶器にガラス食器、グラスやカップと雑多になってしまいますが、食器棚収納は日常的に使うものは使いやすい場所に集中させて、自慢の食器やグラスなどは見える部分に見せるように収納しましょう。

毎日使う食器を、扉の無いオープンラックに重ねて置いたり、カウンターがあればまとめて見せる置き方をします。

木製トレイや小さな木箱を利用して、お箸やスプーン、フォークなどを一人分ずつセットして重ねて置いておくのも良い方法です。

このトレイや木箱は色違いを用意しておけば、重ねても色を楽しむ遊び心が出来て見た目も楽しくなります。

同じようにマグカップなども色やデザインを統一させずに、いろいろなものをチョイスすることで、家族やお客様の楽しさを引きだすことが出来ます。

キッチンは作る人も楽しく、待っている人も楽しめるインテリアの収納を工夫しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る