ブログ

インテリアで自分スタイルの心地よさを手に入れる

「家」は心地よい暮しができる場所でなければいけません。

あなたは「心地よい」暮しが出来ていますか?

どんなものに心地よさを感じるか、好きなデザインや好きなものは人それぞれ異なります。

近年、年配者だけでなく若い世代にも古民家や古い家具が見直され、自らの手でリフォーム、リノベーションして「心地よい」暮しを手にしている人達がいます。

 

価値観はそれぞれ、自分スタイルを作り上げよう!

最新の空調設備や電化製品に高級家具をあつらえた住まいに憧れて、手にする人もいる反面、昭和への懐古なのか「古き良き時代」のものを現在に当てはめて暮らす人達も増えています。

丁寧に作られた数十年前のタンスは、取っ手の金属も磨きがかかり、木目の美しさや重厚な作りに職人の技が生きています。

そんな古めかしいと思われるタンスや家具を、現代のマンションやリビングに使いたいと工夫するのが楽しみだと言うのです。

古い家具に惚れ込み、古い食器や小道具の美しさを見出し、暮しの中で使い方と思っても、家族や友人の中には古いものは捨ててしまった方が良いと考える人もいます。

しかし、住まうのは自分であり、自分の暮らしの中に古い家具や食器を生かすのも自分次第なのですから、今の暮らしに似合うインテリアのバランス、使い方を工夫すれば「古いものが新しい」暮しになります。

黒光りする重厚な小さめのタンスをリビングの中心に置いて、木目や色の美しさを利用し小物や雑貨の収納をしたり、古い食器などを飾りながらオープンなインテリアとして目立たせましょう。

アンティークなもの、古い布地、古い新聞や本を無造作に置く、ドライフラワーの枯れた感じを利用してみたり、フローリングの床にはラグなどは敷かずに、古い物を生かす(視線が向くように)工夫をすれば、カッコイイ素敵なインテリアになっていくのです。

 

ひらひら、きらきらが好きなら好きでいい!

お嬢さまのようなひらひらフリルやかわいいピンクが大好きで、キラキラしたものに囲まれているとハッピーな気分になるという方もいることでしょう。

好きなものは好き!

好きな色や形に囲まれて過ごしたいと考えるのであれば、それでいいのです。

しかし、嫌味にならないポイントを押さえておけば、来客にも対応出来るかわいい住まいになるでしょう。

天蓋の付いたお姫様のようなベッドにしたいならば、今は天蓋付きのベッドもありますし、普通のベッドに可愛いベッドカバーを使って、天蓋は自分の好きな色の生地を購入して天井から下げるようにします。

壁紙は薄いピンクやパステルカラーにして、小物やクッションは同じ色調の濃い色をチョイスします。

色の濃淡と真っ白の配分を工夫すれば嫌味な感じにならず、居心地の良い空間になります。

また、ガラスや金属のキラキラしたものが好きな場合は、アクセサリースタンドや自然の小枝を利用してネックレスなどをかけてキャビネットに飾る収納をします。

トイレや小窓などにも綺麗なグラスにビー玉やアクリルの粒などを入れて、外の光が通るように置けば美しく輝きます。

ソファーもカラフルな布地のパッチワークや可愛いレースクッションを置いて、ウキウキ感を出すことが出来ますが、落ち着きもなければ疲れてしまうので、自然素材の椅子やテーブルに植物もいくつか取りいれることを忘れないようにしましょう。

かわいらしい中にもゆとりのある暮らしを目指しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る