ブログ

自分ルールで使いやすいキッチンインテリア

キッチンはどうしても生活感が出やすく、乱雑になりやすい場所です。

料理が好きな人ほどキッチンも清潔に保ち、収納にも工夫している事が多く、リビングから見える部分を計算して収納家具を配置したり、上手に小物や食器で飾って楽しんでいます。

キッチンをよく使う人の工夫と、小物収納のテクニックを少し見ていきましょう。

 

調理小物は見せる派?見せない派?

毎日使うキッチン小物はどうしても増えてしまい、収納場所を決めて置くことが必要になります。

システムキッチンに付属している引きだしや戸棚などを利用して収納する人が多いでしょうが、毎日の使いやすさや取りだす態勢を考えると、すぐに使える場所に置いておきたいとも考えますね。

キッチンはスッキリ収納派

住宅展示場のキッチンのように食器棚やシステムキッチンの収納と冷蔵庫、調理電化製品などを明るい色で統一した壁面収納キャビネットに納めてしまう方法がありますね。

壁面にすべてが隠れてしまえば、乱雑さや汚れなどは気にする必要もなく、他から見られるという心配もいりません。

しかし、キッチンこそ生活感や暮しを楽しむ場所なので、収納した後に少しのゆとりや癒しが必要でしょう。

カウンターの上にアンティークな調味料入れを並べてみたり、ハーブやミニ野菜を植えたカラフル食器を並べたりすることで、肩の力が抜けた空間が出来上がります。

キッチン小物は見せて機能的に

キッチン小物にはかわいい形や色の物も多く出ています。ビタミンカラーのタイマーは冷蔵庫にくっつけて。

調理台近くの壁面にマグネットバーを取りつけて、金属製のナイフやピーラーなどの調理小物はくっつけて見せる収納を。

マグネットなので、片手で取り出し収納が楽ちんでハイセンスな見せ方が出来ます。その上下にS字フックの付いたバーを取りつければ、小ぶりな鍋からマグカップまで掛けて収納が出来ます。

また、普段使いのお気に入りの食器も敢えて扉のない棚にランダムに収納することで、色や形で遊んで楽しむ、食器の隙間におもちゃや雑貨を置くことで、ディスプレイ感覚の収納が楽しめます。

キッチンとダイニングで言葉のキャッチボール?

近年、キッチンは対面式のカウンターキッチンやラウンドキッチンが好まれています。

対面キッチンのカウンターにくっつける形でダイニングテーブルをチョイスすれば、キッチンとの境目を作ることなく、テーブルでくつろぐ人、勉強をする子供、趣味を始める家族と話をしながらそれぞれの楽しみを持つことが出来ます。

カウンターをそのまま利用して、脚長のスツールをパッチワークやカラフルな布地の座面にすれば、ナチュラルカラーのキッチンに映える演出が出来ます。

木肌を生かしたカウンターには、同色系のテーブルを選ぶことで統一感が生まれます。

そのテーブルには、食事以外の時にも楽しめる素材を置くようにしましょう。

余ったお皿に植物の鉢を載せて、まわりに動物や人形などの雑貨を飾ると食事時にも邪魔にならず、かわいい食卓テーブルになります。

食事をするところ、調理をするところと区切るのではなく、キッチンにもちょっと休息する折りたたみ椅子を置いて、コーヒー一杯のゆとりを持つことで、家族や仲間との会話も弾むことでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る