ブログ

インテリアグリーンは鉢や容器で部屋に合わせる

部屋の中に観葉植物などのグリーンを、全く置いていないという人は少ないでしょう。

何らかの植物を置くことで、癒しの効果を求めたり、単純に植物が好きで土いじりを楽しみにしている人もいることでしょう。

ガーデニングまではいかないけれど、簡単に育てられる観葉植物や多肉植物(サボテン)なども人気が出ているので、暮らしに潤いと安らぎを与えるインテリアとして取り入れたいですね。

 

グリーンはインテリアの一部、好きな雑貨のように選んで飾る

家具やインテリアは全体の雰囲気や必要性、デザインなど自分の部屋をイメージしてマッチしたものを購入しますね。

グリーンも同じように、リビングのソファーの横に大きな植物を、壁には管理しやすいグリーン、食卓にはかわいいサボテンをと言うようにイメージすることが出来ます。

グリーンは生き物なので、手入れが必要になります。

面倒を見るのが苦手な人にも楽しめる植物があるので、まずはどのようなものが好きかで選んでみてはいかがでしょう。

植物の鉢は床や棚に置くイメージがありますが、壁面や空中にぶら下げるなどの楽しみ方もあるので、グリーンの専門店でどこに飾るのか、どんなものがイメージにピッタリくるかを相談して見るとよいでしょう。

リビングなどの広い部屋の場合は、やはりある程度大きく高さのある植物を選びます。

植物が大きいと植木鉢が大変重たくなるので、テラコッタや陶器製は止めて、プラスティック製の鉢に植えてから、藤の鉢カバーや古いキャンバス地を巻きつけたりして鉢を覆うと、ファッショナブルなインテリアになります。

植物の大きさによっては、古くなったホーロー鍋やブリキ缶、コーヒー袋などを利用して、木彫り雑貨などと一緒に飾れば、雑貨の一部として楽しむことができますね。

 

窓辺のグリーンテラス

種類や大きさの異なる植物をランダムにいろいろな容器に植えて、窓辺に並べると部屋の空気がきれいになるように感じます。

明るいイメージと自然の美しさ、植物の手入れをしながら癒されていることを実感します。

植物をたくさん部屋に置くと防虫や湿気対策、カビなどの心配もありますが、その植物に合ったお手入れ方法や給水方法を守り、日当たりや風通しを考えると解消できる問題です。

いくつかの植物を家の中で移動させて、植物が元気に見える場所に置くようにします。

植物が輝いて見えれば、育てる方も気持ち良く過ごすことが出来ます。

黒の家具が多い部屋の床に大きなグリーンの植木鉢、天井からつる植物を下げる、カウンターに小さなサボテンを置く、色目の無い部屋がグリーンによって明るい動きのある部屋に変わります。

キッチンには、ハーブや野菜の水耕栽培が似合います。

ガラス容器や陶器の皿を使って、カウンターに並べます。

人参や大根の葉、ネギやパセリ、ミントやタイムなどを植えて、見せても育てても食べても嬉しいグリーンになります。

植物を育てることで部屋の風景が変わり、人の暮らしも変わります。

グリーンは、暮らしに欠かせないインテリアの一つになっているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る