お部屋インテリア.com » インテリアとは

インテリアとは

インテリアとは、家具や照明器具、キッチン設備など室内空間を装飾している室内装飾品全般のことを表します。

家具や電化製品に統一感がなかったり、壁紙や床など部屋そのもと家具があっていない、家具のサイズが部屋の形とあっていなかったりすると居心地が悪く感じたりすると思います。 インテリアには様々なスタイルがあるので、家具を買いそろえる場合は事前にお部屋をどういうスタイルにしたいかを考えておくことが大切です。

インテリアスタイル

ここではいくつかのインテリアスタイルを紹介します。 自分にあったスタイルを見つけてお部屋をコーディネートしていきましょう。

アジアン

竹やラタン、ウォーターヒヤシンス、ヘンプなど、亜熱帯産の素材で作られた家具や照明器具が中心。素朴な仕上げが特徴でリゾートを思わせるリラックススタイルが人気。

エレガント

優雅で上品、女性的なインテリアスタイル。色合いもローズやベンダーが多い。モチーフは美しい花柄など。家具は曲線シルエットで繊細な彫刻が入った装飾的なものが中心。

クラシック

一般的には、ヨーロッパの古典的なインテリアスタイルの総称。家具はオーク、マホガニーなど濃い色合いで装飾的なもの、ファブリックは様式にそったブラウンやエンジ、グリーンなどの色調が多用される。

ナチュラル

自然素材そのままで装飾をかけないインテリアスタイル。白木やラタンの家具、麻や木綿のファブリックを中心に、茶系統の濃淡やグリーン、ベージュなど自然を連想させる色味でまとめ、やすらぎある雰囲気。

ミッドセンチュリー

20世紀半ばにアメリカを中心に生まれたデザインスタイル。プライウッドやプラスチックなどの新素材を使い大量生産された家具は、機能的でデザイン性に優れている。

モダン

金属やガラスを多用し、無機質でシャープ、都会的な印象のインテリアスタイル。色味をおさえ、装飾がない。無彩色でメタル、ガラスなどの素材が多い。

ダンディ

男性的な美しさを表現したインテリアスタイル。本革張りのソファや無垢材のデスクなど重厚感が特徴で、色は茶、黒など。上質で落ち着きがあり、直線的なシルエットの家具が中心。

カントリー

世界各国の農家風で素朴なインテリアスタイル。国や地方によってさまざまなスタイルがある。無垢材を使った簡素で丈夫な家具など、安心感と自然のやさしい温もりが共通。

スカンジナビアンモダン

北欧スタイルと総称されシンプルで機能的と同時に、自然素材の温かみを兼ね備えたインテリアスタイル。メイプル材やバーチ材など明るい色味の木材を使った家具や照明器具が特徴。