ブログ

玄関は家の顔、広く見せるコツとインテリア選び

マンションにしても戸建の家にしても、玄関はお客様を迎える大事なスペースです。

玄関が靴やモノで散らばっていたら、運も人も遠ざかってしまいます。

清潔に保って狭さを感じさせない工夫をすれば、外からの良い風も入り込み、気持ち良く暮らすことが出来ます。

作り付けのシューズラックや収納スペースのある広い玄関を設けているところもあります。

「家の顔」としての玄関をセンスアップして、お客様を迎えましょう。

 

玄関はスッキリと清潔に!

家族構成によっても靴や傘など玄関に収納したいものに差はありますが、靴の好きな女性やシューズマニアな男性は、備付のシューズラックだけでは収納しきれないこともあります。

そんな時は、たたきにズラリと並べるのではなく、マガジンスタンドを利用すれば狭い幅でスマートに収納できます。

マガジンスタンドは字の通り雑誌の収納に使うものですが、靴の収納にもぴったりのインテリアで、靴先を下にしてかかとをバーに引っ掛けるように使います。

傷まず風通しもよくなり、靴に負担の少ない収納方法になるのです。

シューズラックや床材の色に合わせて落ち着いた色を選ぶと、統一感が出て玄関が広く感じられます。

傘立ては玄関ドアの脇に邪魔にならない程度の、薄く縦長のスタイリッシュなものを選ぶと良いでしょう。

場所も取らず、スッキリとした玄関になります。

また、傘は何本も外に出しておく必要はありません。

乾いてキレイに畳んだら、普段は玄関収納の中に納めましょう。

そうすることで、掃除の行き届いた広さのある玄関になります。

 

玄関を飾るものはスッキリとお気に入りだけを!

玄関収納の飾り棚にたくさんの小物や、あふれんばかりの生花を飾る方がいますね。

お客様を迎える気持ちからの行動ですが、多くを置くことで玄関を狭く圧迫感のある場所にしてしまいます。

飾り棚からはみ出さないように注意して、小さな植物の鉢に動物や車などの雑貨を組み合わせてスッキリと置きます。

玄関ホールにあたる場所の壁面にお気にいりの絵画や額入りなど1点を掛けましょう。

玄関収納よりも高い位置の対面に掛けるのがポイントです。

絵画に視線を向けさせて、足元の玄関やたたきはスッキリと整頓されていることから、玄関本来の面積よりも広い印象を与えます。

玄関マットは外の埃を家の中に入れない効果やお客様をお迎えする意味合いがありますが、狭い玄関に敷く時は素材や柄などを選ばなければなりません。

落ち着いた清潔さのあるマットであればいいのですが、高価なものであっても柄や派手な色目の物や厚みのあるマットは玄関のスッキリしたイメージを損ないます。

視線がマットに集中してしまうことで、せっかくの視野を広げる効果も台無しになってしまうのです。

夏にはさわやかな竹や麻のマットを使うか、マットは使わずに夏用のスリッパを用意すれば気持ち良くおもてなしすることが出来ます。

これと対照的に冬は温かみのあるウールの織物で色も厚みもあるマットを利用します。

玄関が狭く見えますが、それによって暖かさを感じる効果があるのです。

インテリアを効果的に使うことで、季節ごとのおもてなしの仕方も変わってきます。

関連記事

ページ上部へ戻る