お部屋のコーディネート例

様々なお部屋のコーディネート例を紹介しています。

コーディネートのコンセプトは人それぞれに好みがあるのでこれが正解というものはありませんが、あなたにあったスタイルを探してみてください。

1人暮らしのコーディネート例

アジアンリゾートルーム

アジアンリゾート風のコーディネートは暑い時期だけでなく人気があります。同じアジア圏の家具ということもあり日本のお部屋にもなじみやすいです。

 

シックでナチュラルなコーディネート

煩雑な感じが男部屋という印象がありますが、シックにコーディネートされた男部屋は居心地もよくスマートな印象を与えます。

 

広々快適なお部屋コーディネート

ちょっとした工夫で6畳の部屋でも広々とした快適なお部屋にできるんです。6畳の部屋だと置ける家具の数は限られますが、選ぶ家具やその配置によっては狭さを感じないようにできます。例えば手前側に大きい家具を、奥側に背の低い家具を配置すると奥行きが出ます。

 

センスのいい男の一人暮らしコーディネート

男の一人暮らし部屋は、配置する家具によって大きく印象が変わります。ひとつひとつの家具のデザインセンス、家具同士のバランスによってコーディネートのセンスが分かります。こんな部屋にしたいと感じさせる、センスが良い男部屋の一人暮らしコーディネート例を紹介します。

 

スペース有効活用コーディネート

ワンルームでベッドを置くと狭くなってしまうので、ベッドを買うか迷っている方は、コンパクトな家具で揃える方法もありますが、大容量収納付きベッド、またはロフトベッドを選択してみてはいかがでしょうか。

 

2人暮らしのコーディネート例

アジアンリゾートコーディネート

アジアン家具を取り入れてアジアンリゾートのような癒しの空間を実現。家に帰るとそこはアジアンリゾート。仕事の疲れを癒してリラックスできるでしょう。

 

L字型ソファコーディネート

L字型のソファを置くなら、部屋の角にくっつけて置くよりも、少し距離を開けて置いた方が部屋に広さを感じられます。角に物を置かないというのは部屋を広く見せるためのテクニックのひとつです。

 

フレンチカントリーコーディネート

フレンチカントリーコーディネートはその幅が広く、装飾がある家具を揃えて豪華な雰囲気を演出したり、反対にシンプルなデザインの家具でまとめることも可能です。

 

レトロスタイルコーディネート

レトロスタイルの部屋はなぜか落ち着きます。アンティークやヴィンテージの家具などレトロ感のある家具を使っているカフェも居心地がいいですからね。そんな心を落ち着かせてくれるコーディネートです。

ページ上部へ戻る